クレジットカード不正利用の手口とは

クレジットカード不正利用のニュースは昔からあります。
では、犯人たちはどのような手口でクレジットカード不正利用を行っているのでしょうか。

まず、昔はクレジットカードを受け取った店の人間が、
カードに記載された番号や名前を記録して客に返した後、
記録した番号と名前を使って勝手に買い物をしてしまうという手口が主流でした。

たとえば、海外旅行先で日本人が買い物のためにクレジットカードを差し出すと、
店員がそのクレジットカードを悪用するということがあったのです。

インターネット上で情報を盗む

では、最近のクレジットカード不正利用の方法のどのようなものかというと、
インターネットを通じてショッピング会社のサーバーに侵入し、
そこからカード情報をダウンロードして利用するというものが多いです。

また、サーバーに侵入する方法以外には、利用客が使っているIDとパスワードを推測して、
客のページにログインを試みて、成功したらカード情報を奪ってしまうというものがあります。

盗まれないための注意点

こうしたクレジットカード不正利用をされないためには、
クレジットカード会社のページにログインする時に利用するパスワードを単純なものにしない、
そして、海外などでカード会社のホームページにアクセスする場合には
充分注意するということが挙げられます。

たとえば、パスワードがかかっていない無線LANを利用して
クレジットカード会社のサイトにアクセスするということは避けましょう。
その無線LANは個人情報を抜くために
わざとパスワードを設定せずに設置されたものかもしれないからです。