海外のATM

ショッピングなど店頭での利用であれば、
お店の人にカードを提示すれば、
あとはカードについている国際ブランドが仕事をしてくれます。

しかしクレジットカードでキャッシング利用するとなると、利用せざるを得ないのがATMです。 ATMの場合はいくら借り入れたいか?
返済方法は?などを自分で指定しなければなりません。

また、国内でのATM利用であれば当然日本語仕様のATMですから、意識せず普通に操作できますが、 海外の場合、たいていの場合がそれぞれの国の公用語か英語を選択して利用することになります。 その国の言葉や英語が堪能な方であればもちろん問題はありませんが、
慣れていない人だと表現がわかりづらくてとまどってしまうこともしばしばです。

英語のATMの操作方法

ATMは機械によって操作方法もさまざまですが、
代表的な英語ATMの基本的な操作例を挙げておきます。

英語表記でのATMでは、まず最初に
SAVING ACCOUNT(普通預金口座)
CHECKING ACCOUNT (当座預金口座)
CREDIT CARD (クレジットカード口座)

のいずれかを選択するように促される場合が多いようです。

もしくはCREDIT CARD の代わりにCASHING ACCOUNT の場合もあるようです。
これはいずれかの口座を引き落とし元として選択するものですが、
意外にわかりづらくて、 とまどってしまうことも多く、
ここで選択を誤るとその先に進めなかったりする場合もあるので覚えておくとよいでしょう。

そして次に、
WITHDRAWAL(引き出し)
CASH ADVENCE(キャッシング)
かを選択します。
この表現はなんとなく分かりそうですよね。

そして必要とする金額を指定して ENTERで完了します。

ATMでよく使われている英単語例

ATMにはさまざまな種類があり、使われている単語もまちまちです。
よく使われる代表的な単語の一例を下に挙げてみました。
参考にしてみてくださいね。

英語 日本語訳
ACCOUNT 口座
AMOUNT 金額
ATM 現金自動預け払い機(Automatic Teller Machine)
BALANCE 残高
BALANCE INQUIRY 残高照会
CASH 現金
CASH ADVANCE 現金引き出し(キャッシング)
CASHING ACCOUNT クレジットカード口座
CD 現金自動払い機(Cash Dispencer)
CHECKING 当座預金
CHECKING ACCOUNT 当座預金口座
CORRECT 確認
CURRENT ACCOUNT 当座預金
DISPENSE 支払い
GET CASH 現金引き出し
ID NUMBER 暗証番号
INQUIRY 照会
PIN 暗証番号(Personal Identification Number)
SAVING 普通預金
SAVING ACCOUNT 普通預金口座
SECRET CODE 暗証番号
TRANSACTION 取引
TRANSFERT 振替(振込)
WITHDRAW 引き出す
WITHDRAW AMOUNT 引き出し金額
WITHDRAWAL 引き出し