クレカのキャッシングが現実的

海外でのキャッシングについていろいろと書いてきましたが、
数年間の滞在や、永住するなどの場合以外の、いわゆる海外旅行クラスといえる滞在であれば、 クレジットカードを使ってキャッシングするのが 最も現実的という結論に辿り着きます。

海外旅行先でキャッシングのページと重複しますが、もう一度、海外でクレジットカードのキャッシングを利用する際のポイントをまとめると、以下のようになります。

■現金を持ち歩くよりも安全である
■キャッシング利用は手数料がかからない
■できるなら繰上げ返済する。
■繰り上げ返済時に手数料無料のカードを使う。

そして、海外の見知らぬ土地にいる場合、
手元にある程度現金を持っていないと安心できないという場合がほとんどかと思います。
少し多めに余裕をもって現地通貨を調達してしまう場合がほとんどではありますが、
できれば使う分だけその都度キャッシングするほうが無駄なくお金を使うことができます。

なぜなら、もしも現地通貨があまってしまった場合、再び両替しなければなりません。
その際にも当然、両替手数料がかかってきてしまうからです。
本当に必要な分だけをクレカでキャッシングして使うのが最も賢い利用方法だといえるでしょう。

レート換算はどうなるの?

クレジットカードで現地通貨をキャッシング利用した場合、
後日、日本円での支払いになるわけですが、
レート換算はいつのものが使用されるのでしょうか?

これはカード会社によって違いがあり、現地でキャッシング利用した際のレートを使用する場合と、
クレジットカード会社がデータを処理した日のレートが使われる場合
とがあるようです。

事前にカード会社に問い合わせるか、
利用明細などにレートがいくらで計算されたかが記載されているはずですので、そちらで確認するか、
いずれにせよ一度確かめておいたほうが、なにかと安心できるポイントだといえます。