国際キャッシュカードの特徴

海外旅行というのは、とにかく時間が惜しいものです。
「時は金なり」を実感するときというのは、これ以上はないのではないでしょうか。

海外旅行においては、現地通貨を用立てるにも時間が惜しいものです。
そんな時、両替所の長蛇の列に並んでは、まさに時間の無駄遣いとなります。
そこで海外旅行で利用したいのが、カードキャッシングです。

海外で利用できるクレジットカードの特徴

カードキャッシングには、大きく分けて2つの方法があります。
まずは、クレジットカードを使ったキャッシングです。
主な国際クレジットカードブランドが搭載されているカードであれば、
日本国内で発行されたものであっても、海外で利用することができます。

クレジットカードによるキャッシングの利用の仕方も、銀行のキャッシュカードと大差ありません。
返済に関してはクレジットカードと同じタイミングで請求されます。
不正利用される可能性があり、限度額いっぱいまでおろされる
可能性もありますので、管理はしっかりしておきましょう。

利用額を設定できる国際キャッシュカード

もう1つ、国際キャッシュカードというものがあります。
専用のキャッシュカードを発行している会社もあれば、
従来のキャッシュカードにその機能をつけたカードというのもあります。

国際的な銀行であれば、通常のキャッシュカードであっても海外旅行先でお金を引き出せます。
国際キャッシュカードという専門のカードの場合、
海外でキャッシングする残高を設定して、それ以上の金額はおろせないようになっております。