CIRRUSとPLUS

CIRRUSとPLUSロゴが裏面に表記されているクレジットカードであれば、
海外でキャッシング利用が可能なわけですが、中にはこの表記がなくても利用可能なものもあります。

というのも、このロゴマークの表記に関して、カード会社に義務付けているものではないようなのです。
また、国内での利用には特に必要のないことから、
ロゴマークを省略しているカード(カード会社)も多くあるようです。

とこのように「あるようです。」などという表現となってしまうのは、カードブランドと国際ATM規格の取り決めに関して、公表されている情報が少ないためです。

■VISAのカードであればPLUS
■MASTER、JCB、DINNERSのカードであればCIRRUS

といった具合に、それぞれの国際ATM規格に準拠しているのだから、
わざわざ表記する必要はないという判断をしているカード会社もあるというわけです。
ちなみに海外のATMにおいて、PLUSやCIRRUSの表記ではなく、
VISAやMASTERと表記されている場合もあるとのことです。

ただ、すべてのカード会社が表記していないわけではありません。
ロゴマークのあるなしだけで、海外でのキャッシング利用が可能かどうかは判断できない。
というのが現状といえます。

裏を返せば、国内で発行されるクレジットカードが、
海外でのキャッシングに利用されるケースが少ないからともいえるでしょう。

アメックスでのキャッシングはアメックスマークのあるATM

アメックス(American Express)が発行するクレジットカードは、
アメリカ国内でのショッピング利用において、普及率も高く利便性の高いカードといえますが、
キャッシングに関しては注意が必要です。
かつては「エキスプレス・キャッシュ」という名称で、キャッシングサービスを行っていましたが、
2012年にサービスを終了しています。

とここまで書くと、裏面にアメックスマークのあるカードではキャッシングできないの?
と思われてしまいますが、これはアメックスが発行するカード、
つまりアメリカンエキスプレスカードに関してです。
提携各社が発行するカード、例えば、MUFGが発行しているアメックスカードでは、
これまでと同様にキャッシングサービスを利用することが可能です。

これらのアメックスカードでの海外キャッシング利用の際、
アメックスマークのあるカードでは、基本的には提携ATMネットワークは存在しませんので、
最も確実なのがアメックスマークのあるATMを利用することです。

海外でのキャッシング利用においての利便性という点から考えると、
やはりCIRRUSかPLUS、言い換えればMASTERかVISAのクレジッドカードに
軍配が上がるといえるでしょう。