帰国後できるだけ早く返済する

クレカのキャッシングが現実的のページでは、
海外でクレカをキャッシング利用した場合には、できるなら繰上げ返済すると書きました。

キャッシング利用時にはどうしても発生してしまう、
利息分をできるだけ安く抑えたいのであれば、繰上げ返済はむしろ必須であり、
旅行を終えて帰国した段階で、できる限り早く繰り上げ返済してしまうのが、
もっともお得な方法だといえます。

利息は日割り計算

クレジットカードのキャッシング、特に海外での利用となると、両替手数料がかからないという点から、
非常に便利に使えてしまうため、借金であるということを忘れがちです。

国内でクレカをキャッシング利用した場合と同様、利息は日割り計算で加算されてゆきます。
ですから、帰国したならばまずは繰り上げ返済によって、旅行先で使ったお金を清算してしまう、
というような感覚で返済を済ませてしまうことをおすすめします。

ちなみに年利18%のクレカのキャッシングサービスを利用して
旅行先で100000円を借り入れた場合であれば、
まず1年間の利子(年利)は

100000円×18%=18000円

これを一日あたりの利子にすると

18000円÷366=約49円

例えばこれを、1ヶ月後の引き落とし日に清算した場合は

49円×30日=1470円

となりますが、帰国してキャッシング利用から5日後に清算した場合、

49円×5日=245円

このように1200円以上もお得になるというわけですね。

銀行口座から引き出すのと変らない

このように迅速な繰上げ返済を行えば、利息分もそれほどの金額にならず、
ご自分の銀行口座から引き出して使うのとほぼ変らない程度の利息で済みます。

わずらわしい両替を、現地でわざわざ行うよりも手軽ですし、
なにより現金を持たずとも、すべて事足りてしまうという点は、
不慣れな見知らぬ土地においても心強い限りです。